クレジットカードのタイプについて

ゴールドカードというとクレジットカード発行会社で提供している付帯サービスが更に充実したワンランク上のクレジットカードですが、通常のクレジットカードのことを一般カードと呼びます。

一般カード

一般カードの良いところは維持費が安いことです。年会費が無料のものも多く、試しにクレジットカードを使ってみるのに向いていると言えます。利用限度額は実績を重ねていくと100万円程度まで上がります。大抵の買い物や旅行に持って行くのに十分です。

車によく乗る人にはガソリン代が安くなるクレジットカードであったり、航空会社のマイレージを貯めている人はマイレージが貯まるクレジットカードであったり、インターネットで良く買い物をする人はそこのポイントが貯まるクレジットカードであったり、多種多様なクレジットカードがあります。

自分のライフスタイルに合わせて、こういったポイント還元、割引、キャッシュバックの仕組みをうまく活用して行きたいものです。

ゴールドカード

一般カードよりワンランク上のクレジットカードになり、年会費が通常1万円以上となってきます。入会審査の審査基準があがり、信用が高く返済能力が高い人向けになります。利用限度額は最初から100万円程度に設定され、実績を重ねていくと500万円程度まで上がっていきます。

一般カードに比べて付帯サービスの質が上がります。空港ラウンジが使えたり、旅行保険の補償額が大きくなったり、ポイントなどの還元率が上がったりします。特に旅行保険は一般カードの場合そのクレジットカードで航空券代を支払ったなどの条件が付くことがあるのですが、ゴールドカードの場合はそういった条件がない自動付帯になります。また家族特約が付いていて家族も補償されるものもあります。海外旅行に行く際に普通に保険に入ると、年会費以上の額がかかりますので、これを目的に入る人も多いです。

プラチナカード・ブラックカード

ゴールドよりさらにランクが上のカードがプラチナカードやブラックカードになります。基本的にクレジットカード発行会社から招待状をもらって入会することになります。誰でも簡単になれないということからステータスカードということになります。

年会費はクレジットカードによって様々ですが、プラチナだと通常ゴールドの倍以上、ブラックカードだと例えばAmerican Expressのセンチュリオン・カードだと37万8千円の年会費になります。年会費の差はコンシェルジュサービスであったり優待の多さなどに現れてきます。頻繁に高価な買い物や旅行をされる方にはかなり価値のあるものになってきます。