クレジットカードの旅行傷害保険の条件について

クレジットカードを持つ理由の一つが旅行傷害保険という人は大勢いると思います。実際に旅行によく行かれるのであればクレジットカードの年会費を差し引いてもかなりお得に保険に入ることができます。しかし実際に何かが起きて保険金を請求しようとしても条件があって使えないようでは全く意味がありませんのでお持ちのクレジットカードの旅行傷害保険の条件を把握しておくことは非常に重要です。

自動付帯か利用付帯か

旅行傷害保険はクレジットカードで料金を支払ったか支払っていないかに関わらず、どのような場合も保険が有効になる自動付帯と、旅行費用をクレジットカードで支払った場合のみ有効になる利用付帯があります。

自動付帯か利用付帯かはクレジットカードによってまちまちですので確認する必要があります。また自動付帯では補償される保険金額が少なくなり利用付帯条件を満たすと保険金額が大きくなるクレジットカードもあります。

利用付帯でも条件が緩い場合もある

ツアーのようなパッケージの旅行代金をクレジットカードで支払った場合のみ有効という厳しいのもありますが、途中までの交通費の一部をクレジットカードで支払っただけで利用付帯の条件を満たす場合もあります。例えば楽天カードは年会費無料で利用付帯ですが空港までのバス料金をクレジットカードで支払っただけでも条件を満たします。

海外旅行か国内旅行か

海外旅行傷害保険がついているクレジットカードは数多くありますが、国内旅行傷害保険がついているクレジットカードはぐっと数が減ります。国内旅行傷害保険がついているかどうか確認しておく必要があります。

国内旅行の範囲は

海外旅行は国外に出ますので分かりやすいですが、国内旅行は宿泊なしの日帰り旅行もできますのでどこまでを国内旅行と呼ぶのかが難しいところがあります。

利用付帯であればクレジットカードで交通費を支払っていれば、そこで起きた事故に関して補償してもらえることになります。何が国内旅行かは気にせずにクレジットカードで支払ったかどうかだけで判断できます。

自動付帯の場合は別に旅行でなくても公共交通機関を使っているときに起きた事故も補償されることになります。旅行かどうかの区別は難しいのでどのような場合も請求することができます。でも自分で車を運転して旅行に出かけても補償されないです。必ず公共交通機関を使う必要があります。

家族特約があるか

旅行傷害保険がクレジットカードを契約している本人だけでなく、その人の家族にも保険が適用される家族特約があるかも確認しておくことが重要です。家族にも適用される場合、補償される保険金額がそれぞれ低くなります。

家族の範囲は

どこまでを家族とみなすかはクレジットカードによって異なるので条件を確認して、自分の家族構成で具体的に誰に保険が適用できるか調べておくとよいと思います。

配偶者は真っ先に家族とみなされそうですが、同じカード会社に他の自動付帯のクレジットカードを作っている場合は適用されない場合がありますので、その場合担保範囲や保険金額を確認したいところです。また家族カードを作っている場合は本会員扱いとなりますので、家族カードを作ると家族の保険金額を上げることができます。

同居している親族は大抵家族とみなされますが、別居していても未婚のお子様の場合は保険が適用されたりします。ただ子供の年齢制限があるクレジットカードもあります。