クレジットカード発行会社について

クレジットカードのブランドについて説明しましたが、クレジットカードの国際ブランドとクレジットカード発行会社は違うことがあります。VISA Inc.という国際ブランドの会社はクレジットカード発行会社に、VISAのネットワークが利用できるライセンスを与えます。これでクレジットカード発行会社はVISAのマークの付いたクレジットカードが発行できるというわけです。

クレジットカード発行会社は銀行や信販会社

国際ブランドはクレジットカードが利用できる加盟店ネットワークとシステムを提供していますが、クレジットカード発行会社は実際にクレジットカードを利用者に対して発行することと、会員の信用情報をもとに限度額設定などをしたり、付帯サービスを提供したりしています。クレジットカード発行会社は通常銀行や信販会社になります。

プロパーカード

国際ブランドは通常クレジットカード発行会社とは別会社になりますが、両方を提供している会社もあります。American ExpressやJCBやDiners Clubなどは国際ブランドが自分でクレジットカードを発行しています。このカードをプロパーカードと呼びます。

クレジットカード発行会社の役割

クレジットカード発行会社では、入会の際の審査、カード発行、クレジット会員情報の管理、利用明細書の発行、クレジットカード発行会社独自のサービス、サポートなどを行っています。クレジットカードに関するほぼすべての業務を担当しているといってよいでしょう。国際ブランドでは決済システムを提供しているだけで個人情報等は一切保有していないのです。

クレジットカード発行会社選びが重要

つまりクレジットカード発行会社が違えば、同じ国際ブランドのカードであったとしても、サービスであったり信用が異なってくるということです。限度額もクレジットカード発行会社によって変わってきます。同じVISAのマークがついているからと言って同じサービスが受けられるわけではありません。

また国際ブランドはカード発行の際に選ぶことができます。

国際ブランドライセンス

クレジットカード発行会社は国際ブランドを利用するすためにライセンス契約を結ぶ必要があります。ライセンスを取得するには厳しい審査を通る必要がありますので、審査が通る会社は限られることと、審査には資金が必要です。

クレジットカード発行会社がすべてライセンスを取得しているわけではなく、すでにライセンスを取得している会社と提携することによって国際ブランドのカードを発行している会社もあります。